有益情報

韓国の電源プラグは二種類、その違いは?

清平40修や留学などで韓国に長期滞在する場合、日本の電化製品は、どこまで使えるのかということが問題になってきますね。そこで韓国の電源プラグ事情を簡単にまとめてみました。

韓国には二種類のプラグがある

韓国では、基本的にCタイプSEタイプニ種類のプラグを使うようになっています(ホテルなど一部の場所では日本で使われているAタイプのプラグも使用できます)

CとSEの違い

基本的にはどちらのプラグでも対応が可能ですが、厳密に言うとSEタイプは少し太めになっています。
そのためSEタイプ専用のコンセントにCタイプのプラグを差し込むとスカスカして外れやすくなりますし、Cタイプ専用のコンセントだとSEタイプのプラグは入らないという現象が起きてきます。
ですから、CタイプとSEタイプ両方の変換プラグを持って行かれるのが無難です。
(変換プラグは、電化製品店や空港などで500~800円程度で購入出来ます)

電圧の問題

日本の電化製品を海外で使う場合、プラグとは別に、必ずチェックしなければならないことがあります。それは電圧です。
日本の電圧は100Vですが韓国の電圧は220Vです。
日本の電化製品を韓国で使う場合、アダプターの表記を必ず確認して下さい。
110V~220V、または110V~240Vと記載されていれば大丈夫です(最近は世界標準の製品が増えてはいます)。220Vまで対応していないものを韓国で使うと電化製品が故障する原因となってしまいます。

変圧器について

電化製品が、220Vに対応していない場合、変圧器を買うというのも選択肢の一つです。ただし、ドライヤーなど電圧の高いものになればなるほど、対応出来 る変圧器は値段が高くなり、かつ重たくなりますので注意が必要です。安い電化製品であれば、現地で買い直されることをお勧めします。

せっかく持っていった電化製品が韓国で使えなくて途方に暮れるということがないよう、この内容を参考にして頂いて、快適な韓国ライフを過ごして下さい。





Booking.com Booking.com