トピックスTopics

韓国コンビニ 20~30代狙った変わり種食品を相次ぎ発売

メインイメージ

2021.09.24

韓国のコンビニエンスストアが20~30代をターゲットにした変わり種の食品を相次いで出している。

韓国のコンビニエンスストアが20~30代をターゲットにした変わり種の食品を相次いで出している。
GS25は青みがかったカスタードクリームを入れたソーダ味の中華まんを今月末に発売する。キムチチゲラーメン味の中華まんも発売する予定だ。関係者は、MZ世代(ミレニアル世代とZ世代、1980~2000年代生まれ)を中心にミント味が人気を集めていることを意識したと説明した。CUは即席麺大手の八道とコラボレーションした「牛乳ラーメン」を5月に発売した。即席麺に牛乳を加えて食べる人が多いことに着目した商品だ。関係者はMZ世代の人たちの間で、変わった商品が人気を得る傾向を踏まえたと説明した。