トピックスTopics

韓国「未来志向的な関係発展期待」 岸田首相の演説受け

メインイメージ

2021.10.08

約6900文字の演説文のうち、韓国に関する言及はこの2文にすぎず。

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)と政府は8日、日本の岸田文雄首相が衆院本会議で行った就任後初の所信表明演説を受け、日本と未来志向的な関係へと発展できるよう意思疎通を図り協力していくことに期待を示した。

 青瓦台高官は岸田氏の演説について、両国間に横たわる懸案の解決策を模索するため互いに知恵を絞らなければならないとし、「両国がさまざまな分野で実質的な協力を強化していくために共に努力すべきだろう」と述べた。

 外交部当局者も岸田氏の演説について青瓦台と同じ立場を示した。

 岸田氏は演説で「韓国は重要な隣国だ。健全な関係に戻すためにも、わが国の一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を強く求めていく」と述べた。約6900文字の演説文のうち、韓国に関する言及はこの2文にすぎず、韓日関係の変化を期待するのは難しいのではないかとの見方が出ている。