トピックスTopics

「韓国旅行の禁断症状が…」日本でアシアナ機内食に20倍の競争率

メインイメージ

韓国ネット「日韓はお互いに好き」

2021年11月15日、韓国・朝鮮日報は、日本で行われたアシアナ航空の機内食イベントの盛況ぶりを伝えた。

記事によると、東京・品川区のある大型会議室で14日午後5時から、韓国観光公社とアシアナ航空による韓国行きの機内食体験イベントが開かれ、一般市民100人が参加した。アシアナ航空の機内食を食べるだけの約1時間ほどのイベントだったが応募者が殺到し、参加者らは20倍の競争率を勝ち抜いて集まったという。

機内食はビビンバ、コチュジャン、のり、ポテトサラダ、果物、シッケ(甘酒に似た韓国伝統の発酵飲料)という内容で、エプロンをつけたアシアナ航空の客室乗務員らがカートで運んでサービスした。より臨場感を出すため機長の案内放送も流されたという。

30代の女性参加者は「以前は2~3カ月に1回は韓国旅行に行っていたが、ここ2年は行けていない。久しぶりに機内食のコチュジャンを見て韓国を旅行している気分になった」と感想を語った。また、別の参加者は「韓国旅行の禁断症状に苦しんでいるので参加した。機内食を見て気分が上がった」と話したという。

今回のイベントは「新型コロナウイルス拡大により日本人の韓国観光が全面中止となっている中で、韓国旅行マニアたちに韓国旅行を間接的にでも体験する機会を提供する」との趣旨で企画された。韓国観光公社東京支社長は「日本には1年に何度も韓国旅行をするマニア層が多い」とし、「コロナにより抑えられた韓国旅行需要がふつふつと沸き上がっている状態だ」と説明したという。

日本政府は現在、ワクチン接種証明と陰性証明を活用して日常生活へ復帰する案を徐々に導入しており、年内にワクチン接種証明と陰性証明がコロナ再拡散の防止に効果があると判断された場合、海外の団体観光客の入国再開を検討する方針だ。そのため観光業界では「来年春から日韓間の観光が段階的に再開される」と期待が高まっているという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「僕は日本旅行の禁断症状が出ているよ」「韓国人と日本人はお互いの文化が大好きで仲が良いのに、政界が紛乱をあおっているようで残念。コロナが終息したら私も日本旅行に行きたい。日韓が仲良く暮らせますように」「もう反日を扇動する人たちの目を気にするのは嫌だ。自分にうそもつきたくない。日本が好きだし、日本に行きたい。隣国との関係改善を心から願っている」「互いの文化を理解し合えるというのは良い現象だね」「文政権の5年間の反日扇動で得たものは何だったのか」など両国の関係改善を願う声が多数寄せられている。(翻訳・編集/堂本)