社員日記Employee Diary

2015年~2019年

添乗カメラマンの5月の撮影日記!

添乗カメラマンの5月の撮影日記!

行程表

  • 1日目 5月30日(土)

    ラスベガス ピースパレス

  • 2日目 5月9日(月)

    韓国旌善 文潤國先生の住まわれた家

  • 3日目 5月4日(木)

    八女市 黒木の大藤

  • 4日目 5月28日(日)

    アルペンルート 雪の大谷

  • 5日目 5月6日(日)

    清平 天寶修練苑

  • 6日目 5月5日(日)

    岩国 フレンドシップデイ

  • 7日目 5月26日(日)

    山口 元乃隅神社

日程

1日目

2015年5月30日 ラスベガス ピースパレス

2015年5月はたくさんのお客様がラスベガスに行かれました。私もVIPの方々と一緒にサンフランシスコ~フェニックス~セドナ~グランドキャニオン~ラスベガスを回って参りました。今回のツアーの一番の目的はピースパレスの奉献式でした。完成したばかりのピースパレスの写真ですが、午前中は逆光で写真写りが良くありません。夕方まで待って16時頃にバッチリ順光になりました。ラスベガスは砂漠の中にある街ですので、空の青さは抜群です!そして暑さも抜群です・・・。グランドキャニオンなどの大自然の写真は、たびのわの”たびフォト”コーナーにありますので合わせてご覧ください。

Canon EOS5DmarkⅢ+EF16-35mmf/4LISUSM
16mm・f/13・1/400・ISO100

main1
img1

正面のモニュメントを入れて

img2

斜めからの構図で

img3

正面入り口を入ったロビーです

2日目

2016年5月9日 文潤國先生が住まわれた家

真のお父様の大叔父であられる文潤國先生が最後に住まわれた家です。文潤國先生については自叙伝”平和を愛する世界人として”の29~36ページに詳しく書かれています。この時は会社の視察を兼ねて旌善を訪れました。かなり山の中に入ったところで、ご覧の通り崩れかけた状態なのですが文潤國先生の息遣いが聞こえてきそうな場所でした。

Canon EOS5DmarkⅢ+EF16-35mmf/4LISUSM
16mm・f/11・1/80・ISO100

main1

韓国江原道旌善郡

3日目

2017年5月4日 福岡県 黒木の大藤

福岡県八女市黒木町のある天然記念物・黒木の大藤です。広角レンズで下から藤棚を広く入れ、人が写らないように注意して撮りました。毎年4月中旬から5月初めにかけて藤の木まつりが行われるのですが、2020年は新型コロナウィルスの影響でまつりは中止となりました。しかし花を見に来る方が多くおられたため、残念ながら花をすべて刈り取ってしまいました。来年はまた素晴らしい花を咲かせて欲しいです。

Canon EOSKissX7・EF-S18-55mmf/3.5-5.6ISSTM
16mm(換算26mm)・f/5.6・1/40・ISO125

main1

福岡県八女郡黒木町

4日目

2017年5月28日 アルペンルート 雪の大谷

東京に単身赴任していたこの時期に、一度は行ってみたいと思っていた念願の”アルペンルート雪の大谷”に行ってきました。百聞は一見に如かずとはこのことです、14mの雪の壁は圧巻です!一番高くなる時は20mくらいになるそうです。5月末とはいえ、アルペンルートの頂上である室堂は一面雪景色で長ぐつが無ければ歩けない状況でした。九州にいればなかなか行くこともできない場所でしたが、天気も良く最高の1日となりました。

Canon EOS5DmarkⅢ+EF16-35mmf/4LISUSM
16mm・f/11・1/250・ISO100

main1
img1

アスファルトは除雪されています。

img2

美女平~室堂間を走る高原バス。

img3

室堂駅から見た室堂の雪景色。みくりが池は凍って湖面が見れませんでした。

5日目

2018年5月6日 つつじ祭り

2018年5月つつじの花が咲き乱れる天寶修錬苑で大役事がおこなわれました。この写真を撮ったのは18時42分です。かなり日が落ちてきた時間帯でしたので、絞りも解放に近くISOも若干高めに設定しています。こののぼりも懐かしいですよね。2020年のつつじ祭りは中止になりましたが、来年はまたきれいなつつじの中で大役事に参加できたらと思います。

Canon EOS1DX+EF16-35mmf/4LISUSM
35mm・f/5.6・1/60・ISO400

main1
img1

大聖殿をバックに

img2

聖地の道の記念碑

img3

夕暮れの情心苑

6日目

2019年5月5日 岩国フレンドシップデイ

毎年子供の日に合わせて行われる岩国米軍海兵隊基地の航空ショーです。自衛隊の航空祭では見られない米軍機の機動飛行を楽しめます。この日もF-35B、F/A-18ホーネット、F-16、Ⅴ-22オスプレイなどの飛行を楽しむことができました。岩国は人口約13万人ですが、毎年この航空祭には20万人を超える観客が押し寄せます。岩国行きの電車が満員で基地までたどり着けなかったという話もあるくらい。私はツアーバスを利用しました。そのうち世一観光主催で岩国フレンドシップツアーを組んでみたいものです。
写真のF-35Bは空中静止しているところを撮りました。昔のAV-8ハリアーに比べて格段に安定性が向上しているようです。

Canon EOS1DX+EF500mmf/4LISUSM+☓1.4EXTENDER
700mm・f/9・1/1000・ISO500

main1
img1

何かと話題のオスプレイです。搭載力・機動力共に素晴らしい機体です。

img2

F-16のハイスピードパス、高速のためエアインテークに筒状のベイパーが発生しています。写真では止まって見えますが高速で侵入し、ドーンという音とともにあっという間に消え去りました。

img3

F/A-18ホーネットの機動飛行です。アメリカ海兵隊”VMFA-232 レッドデビルズ”所属の機体です。

7日目

2019年5月26日 元乃隅神社

2019年5月には山口県の元乃隅神社に行ってきました。アメリカCNNが日本で最も美しい場所31に選んだほどの絶景です。最近はパワースポットとしてメディアでも頻繁に取り上げられているので、知名度がうなぎのぼりです。海に向かって鳥居が連なる光景はまさに絶景!駐車場も広く便利です。写真は鳥居の連なりを強調するために縦構図で撮ってみました。ここから30分も走ればこれも有名な角島があります。

Canon EOS1DX+EF16-35mmf/4LISUSM
35mm・f/9・1/125・ISO100

main1
img1

鳥居の数は縁起の良い123(ひふみ)本で、全長は100ⅿです。

img2

階段を降り切ったところにある、”竜宮の潮吹き”と呼ばれる断崖で、昭和9年に国指定天然記念物に指定されました。

img3

元乃隅神社から約40キロの場所にある”角島(つのしま)大橋”。2000年に完成ました。橋を渡るとまるで海の上を走っているような爽快感が!晴れた日にはコバルトブルーの海が広がり素晴らしい景色を堪能できます。

添乗員の感想

与古光 文久

九州営業部

与古光 文久

撮影日記になりましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?将来的にUC内でフォトサークルを作れたらなあと思っています。写真を趣味にしている方で作品撮影をされている方はご存じの通り、同じ景色でもその時の季節、時間帯、天候、撮影場所、もちろん撮り方で撮れる写真は全く違うものになります。何回も何回も足を運んで最高の一枚が撮れたときは何とも言えない喜びを感じます。まだまだ行ったことのない素晴らしい景色に出会いたいです。来月は6月編をアップしたいと思います。今後とも宜しくお願いします。