社員日記Employee Diary

2020.11.27

クイーンビートルに試乗しました!

クイーンビートルに試乗しました!

行程表

日程

1日目

クイーンビートルあれこれ

コロナウィルスの影響で建造が遅れていたクイーンビートルがいよいよオーストラリアから福岡に到着しました。本来ならば博多~釜山を結ぶ航路で7月15日から活躍していたはずの船でしたが、釜山への就航のめどはたっていません。この日は旅行会社向けの内覧会、試乗会でした。船体はかなり大きくトリマラン(三胴船)、全長83.5m、型幅20.2m、型深6.3m、総トン数2,582トン、航海速力36.5ノット、旅客定員502名という規格です。従来のビートルに比べてサイズも大きくなりましたが、一番大きく変わったのは、シートベルトがいらなくなったことです。写真で見てわかる通り、座席にはシートベルトがありません。航行中は自由に船内を行き来できるようになっており、移動の手段というよりクルーズを楽しむというコンセプトになっています。1階がエコノミー席、2階がビジネスクラスになっており、実際椅子に座った感触はビジネスクラスの方が10倍快適でした。3階にも自由席のサンデッキが設けられています。釜山までの航行時間は3時間40分と以前より45分遅くなっています。設計はななつ星の設計でお馴染みの水戸岡鋭治氏です。真っ赤でおしゃれな船体が釜山に向かうのはまだ先の話になりそうですが、これに乗って釜山ツアーに早く行きたくなりました!

main1
img1

2階ビジネスクラスのシート。ふかふかで快適です!

img2

1階中央付近にあるラウンジ。シートベルト着用義務が無いため、航行中にラウンジでゆっくりくつろぐこともできます。

添乗員の感想

九州営業部 

添乗員Y

新しい乗り物は、見ただけでワクワクします。LCCに押され気味だった釜山線も旅行目的によってはゆったりとクルーズしながら行くのもありですね。